マンションは安い?

友人の果たすべき役割は、
間違っているときにも味方すること。
正しいときにはだれだって味方になってくれる。
マーク・トウェーン




大学時代の親友たちと
実に久し振りに会って食事をした。
場所は博多駅近くの焼肉屋さん、。
黒千代香
威勢のいい大将のサービスで
肉、肉、肉を美味しく食事をすることができた。



様々な事情を抱えた各々から、
様々な話を聞くことができるのはいつも通り。
その中でも、一人の女友達が何と、






マンションを購入していた。


御齢25歳にして2LDKのマンション購入。
彼氏は居るが、数ヶ月前から付き合っているだけ。
彼氏とは結婚をする予定もないもないという。
全もって驚愕であった。



実は理由がある。
彼女は久留米市内のアパート一階に一人暮らしをしていた。
或る夏の暑い晩に、クーラーを点けずに窓を開けて寝ていた。
朝方の3時過ぎ、カーテンが物凄い勢いで動いているのに気づいて
彼女は目を覚ました。



カーテンの向こう側から窓を開けて男が突然入ってきた。
そして、男が発した言葉は







「すみません、Hをさせて下さい。
 お願いします!」








だったそうだ。
実に恐ろしい話なのだが、彼女は笑ってそれを回顧している。



警察に電話をするだとか、そんなことは止めろだとか
20分以上に渡って暴漢を説得。
幸運なことに男は何をすることもなく、退散したという。
彼女はすぐに警察に連絡し、実家へと身を寄せた。



それで新しい物件を探している途中に
敷金、礼金を払うのに疑問を感じたため、
マンション購入を検討。
丁度いい場所に2LDKの部屋が・・・





700万円





であったうえに、
オートロックで、セキュリティは万全ということで
衝動買いで買ってしまったとのこと。
毎月3万円の返済をしているとのこと。
これを聞くと賃貸が馬鹿らしく思えてくる。



色んな話が聞けて良かった。
やはり、友人たちは最高。



以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-09-24 23:48 | 日記
<< プレーオフのチケット 事例検討で、学生ワーカーは・・・ >>