観梅

先日、休みを利用して舞鶴公園に
梅を見に行ってきた。



一年をかけてゆっくりと準備して
パーっと咲いて、ザァっと散り行く桜とは違い、
一年間ゆっくり準備する様は同じだが
フワっと咲いて、知らぬ間に散り行く梅。


その昔、お花見というものは観梅のことを指していたそうだ。
しかし、時は移り変わり明治時代。
明治天皇がお花見をされる際、
好んで桜を鑑賞されたそうだ。
それが大衆化して今に至る。


いずれにせよ、どちらも日本を代表する花。
それぞれ違っていて、それぞれが良い。
評価を求めることなく、
誇れるように咲いている桜を見たい。
楽しみ楽しみ。


春よ~来い♪ 早く~来い♪


以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-03-02 22:23 | 日記
<< 年度末の奮発 情けは人の為ならず >>