プロテイン

ジムの可愛いトレーナーから
『本気で痩せる気なら、絶対プロテイン』
という言葉を聞いた。


脊髄に氷柱を入れられた気がした。
同僚Yがプロテインを飲んでる様を見る度に
あんなに馬鹿にしていた自分が
プロテインを飲むことになるのであろうか。


ジムが終わってから、その同僚Yに電話。
今までプロテインを馬鹿にしたことを謝ろうと思って。
しかし、口から出たのは謝罪の言葉ではなかった。


ワシ:「Y先生、今日或る店でプロテインが安かったんす」
Y:「へぇ~幾らくらいでした?(興味津々)」
ワシ:「一番大きい袋で8000円くらいだったんすよ」
Y:「何キロの袋ですか?」
ワシ:「何キロっていうのは、分かりませんが20%OFFでしたよ」
Y:「それ、多分2キロだと思うんですよね、全然高いですね」
ワシ:「ええ?本当ですか?そもそも、先生はどのくらい買ってるんですか?」









Y:「えーっと、10キロですね」



ワシ:「(爆笑)」
Y:「この域まで来ると、豚の飼料ですよ(笑)」
ワシ:「それで幾らなんすか」
Y:「ネット通販で最安、2万円を切ります。飲みやすいし(自慢げ)」
ワシ:「今度、その会社と商品の名前教えて下さい」
Y:「勿論!今からメールで送りますね!」
ワシ:「もし飲めんかったら、先生に差し上げますね」
Y:「是非、そうして下さい!(嬉しそう)」
ワシ:「因みに、その会社の名前って何ですか?」











Y:「はい、マッスルエリートです!」




ワシ:「(ここ何年で一番の大爆笑)」


なんか、逆に彼をカウセリングした気分だった。
プロテイン飲むぞー!
痩せるぞー!


以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-08-30 22:47 | 日記
<< 苦情は宝 良き人との出会い。 >>