世界柔道2005

職場に派遣で来ていたNが本日で退職。
言っては悪いのだが、辞めて貰った方が良かった。
彼女の抱えていた事務的な仕事は
すべてワシに回って来るであろう。
ジムに通うのが難しくなるのは、必至である。

話し変わって、
毎晩、楽しみに見ているのが世界柔道2005。
鈴木選手の涙の三階級制覇。


ワシが好きな選手は泉浩選手と内柴正人選手。
泉選手は戦前戦後の礼が絶妙に綺麗。
また、闘っている間、乱れた胴着を必ず直す。
綺麗な柔道をするように心がける。
素晴らしい。


内柴選手は、打倒野村で柔道を続けてきた選手。
度重なる苦しい減量で現役を辞めようと想ったことも多々あったという。
それで、周りの薦めもあり一階級上げて
持ち前のパワーを存分に発揮し、涙の優勝を飾った。
ヒーローインタビューで彼は
『色々大変でした。
でも、自分には柔道しかないから・・・』

と涙を流していた。
不器用にも柔道一筋で一本を目指す素晴らしい選手。


日本のお家芸である柔道の場合は
周知の通り、金メダルを取らないと意味がない。


しなやかな放物線を描き、
相手の身体を自由に投げ放つ一本は
いつ見ても美しく見える。
柔よく剛を制す。
柔の道で輝く選手たちを応援したい。


以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-09-10 22:06 | 日記
<< 遠距離恋愛 難病 >>