<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

情けは人の為ならず

今日は二年生の卒業試験があった。
ワシは試験監督として入ったけど、
いつもは平気で遅刻してくるような子たちも
今日は緊張した面持ちで、静かに席に座っていた。

考えたら、一年前。
ワシが入職したばかりのとき、
彼らの前で挨拶をしたときのことを思い出す。
一番前の席の子が、いきなりペンを持ち出して
ワシの名前フルネームを自分のノートに書き出した。
なんだ、コイツ?ってかなりビビった。

そんなこんなで卒業を迎える彼らを
こうやって、試験監督。
いままであったこととかを思い出しながら
彼らに対して言いたいことを監督をしながら
自分のノートにしたためた。

内容は以下の通りである。

今まで皆さんに対して、適当なことばかりを言ってきましたけど
今日は少し、皆さんの為になるような話をしたいと思います。
まぁ、為になるか否かは、皆さんの受け止め方だと思いますが。

振り返ってみると、皆さんに初めてお会いしたのは、
ちょうど、一年前。私が挨拶しているのを尻目に
皆さんは人の話を聞かず、おしゃべりしたりしていました。

神は人間を作ったとき、一枚の舌と二枚の耳を与えました。
人間は生まれた時から、自分が話す二倍のことを人から聴かねばなりません。
人の話を聴かない若者が多い今日、
あなたたちは、自分の痛みや声を発することのできない利用者を相手にし
彼らの声なき声を感じ取らなければなりません。

学校の授業のなかでも、社会福祉援助技術という科目で
どうすれば、彼らの声を感じることができるか教えてきました。
そのなかで、「同情は禁物、共感するのだ」と教えました。
昔からのことわざにも、「情けは人の為ならず」という言葉があります。
中途半端な情けは、その人自身をダメにするという意味で使われています。
しかし、本当に情けをかけるのは良くない事なんでしょうか?

先日、新聞を見ていたら、三行の恋文というのがあって
その大賞に選ばれた作品を皆さんに紹介したいと思います。


「京都と神戸で遠距離恋愛なの」と私がぼやくと
「私なんて二十年も前から」とばあばが微笑んだ。
天国のじいじ、聞こえましたか


この中に出てくるお婆ちゃん、狂おしい程に愛苦しい高齢者に対して
情けをかけるのは良くないことなのでしょうか?
例えば、道を歩いていて小さな子犬2匹に出逢う。
可愛いと抱き寄せるが、1匹の子犬は次の瞬間死んでいた。
残されたもう一匹は、死んだ兄弟をペロペロなめたりしていた。
それだけの刹那で、人間は悲しい気持ちになれる。
つまり、相手の立場になれるってことです。
この情けというのは、人間に与えられた唯一の特権だと私は思うんです。

そもそも、「情けは人の為ならず」という言葉には
「情けを掛けると、掛けられた人は、また違う人に情けを掛けて…」
その繰り返しで、また自分に返って来るという意味もあるそうです。
つまり、情けは人のために掛けるのではなく、結局は自分のためだというのです。

情けばかりを掛けすぎるのは、勿論良くないことですが、
私は情の多い人は、人間的に魅力のある人だと思います。
そんな人に、皆さんはなって下さい。

皆さんがこの4月から現場に出ると
様々な利用者を相手にします。様々な利用者が皆さんを待っています。
彼らに情けをかけて、愛しましょう。
それが、やがて自分に返って来て、皆さんをより一層大きくするでしょう。

そして、最後に。
新しい門出を迎える者には、新しい道が開けます。
これからも身体に気を付けて、その道のうえで活躍して下さい。
影ながら応援しています。


書きながら気付いたけど、
これを彼らに伝える時間って、ないんよね。
卒業式まで彼らは来ないし。

そしたら、
私の心のなかと、ここだけで、留めておこう。

以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-16 22:22 | 雑感

かに三昧

今日は友人たちと
イムズ13階の「かに楽」に来て
かにを吐くごつ食うた。
ほいとのごつして食うた。

ワシ、初めて食ったんやけど
かにの刺身ってあるんやね。
無知の知。美味かったぁ~

3900円のコースだったけど
満喫できたぁ~。
もう、かには良か、っちゅうくらい食うた。
最後は、かに雑炊。これまたうめぇ。
舌がどげんかなるごつ、うまかった。

今は、かにの食べ放題をやっとるげな。
また行きたかぁ~♪

以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-12 22:21 | 日記

華と花

今日は休みだったので
福岡に出てきて、キャナルシティで買い物。



誰かに会わないだろうかと、そわそわドキドキ。
昼飯はラーメンスタジアムだ。

何を食べようか迷っていると
男達数人が私の前を通り過ぎた。
そのうちの一人が屁をこいたようだった。
ものすごいにおいが、辺りに立ち込めた。

結局大砲ラーメン。
それなら、地元近くの久留米で食えよという話。

海外旅行に行って、わざわざ和食を食うような愚中の愚。
ホークスキャンプに行って、ミーハーな格好するくらい愚の骨頂。
キャンプに来てる時点で、ファンだと分かるやん。

話を元に戻そう。
久し振りに買い物したわ。
普段から買い物する癖をつけると
ワシの場合は、湯水のようにバカのように使ってしまいがち。
自分をセーヴしながら、金を効果的に使う。
オシャレな感じの、アジアンテイストの雑貨を売ってる店へ。

インド、タイ、ベトナムなど
東南アジアの品物が、所狭しと並んでいる。
こんなの、現地では5円にも満たないものばかりであるのに
この店では、ひとつ400円で売ってる。
福利多売の極地。恐ろしや、経済大国日本。

和風のオシャレな店見つけた。
キャナル一階の『紅や』。オシャレだったバイ。
そこでも、勿論、和風のオブジェも買って。
家に帰って飾ろうかしら。
溢れんばかりに咲いている華のうち
一輪だけをこれを注せば、花となる。


花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき


以上
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-10 22:18 | 日記

日本代表VS北朝鮮

待ちに待った日本代表、W杯出場をかけたアジア最終予選。
サッカー日本代表と北朝鮮との死闘を見る。
1-1で手に汗握る攻防。
最後に待っていた逆転弾、オグリ。
しびれた。スパークした。

代表のキャンプでは、ルールが分からず
なかなか溶け込めてなかったオグリ。
彼は決勝弾を決めて思わず飛び上がった。
ワシもまた、空港内で吼えながら飛び上がった。
合掌。日本代表最高。
次は3.25のイラン戦! 中田来るかなぁ。

スポーツバーでは、さえ総監督ご一行様が
観戦、歓喜の声をあげているであろう。
ワシも行きたかったなぁ。
決戦の今日に、用事を入れたワシに対して
さえ総監督はこう言った。

「大体、大事な一戦の代表試合の日に
用事を入れるなんて、なんじゃこら今福よ!」(ちょっと噛んでた)


御意。その通りです。
しかし、男には行かなきゃならんときがあるとです。
ワシは流れ者。

走り続けよう 情けは要らぬ
流れ者には 惚れては為らぬ
闘う時には 武器など要らぬ
愛する時には 言葉は要らぬ

以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-09 22:17 | スポーツ

独りで温泉へ

これ見てる皆、お疲れ様。
ワシも含めて。



お疲れ様のご褒美として独りで温泉へ。
独りで行くと時間を気にしなくていいわ。
日曜、客が多いと分かっていても
自らの心を洗うため足を運ぶ。


車が連続して行き交う交差点で信号待ち。
テールランプが紅く煌めき、
ヘッドライトが煩く瞬いてワシの目を襲う。
買い物した後だったから、後部座席で買い物袋が
ビニイル袋特有の音を鳴らしながら笑う。


温泉に入った。
子供たちの嬌声が屋内に木魂した。
幾ら顔をしかめても、
耳の煩わしさは消えなかった。
ひたすら無心になり、自分と向き合った。


昔を思い出した。
高校・大学時代、小説を書いていた過去があるみかん。
先日、職場の学生が小説を書いて、
その作品を先生に披露していた。
職場の者達が「気持ち悪い」とせせら笑っていた。
口が裂けても、自分も同じことをやっていたとは
言えなかった。
暗い過去。


取り上げるのは、必ず暗いものだった。
南アの田舎町で育った少年は、彼の親父と姉と三人暮らしだった。
酒に酔って暴力を振るうようになった親父は、
実の娘である少年の姉と性的関係を持つ。
毎晩のように聞こえる断末魔の叫び。


現実という地獄から逃れたい少年は、
ある日、姉に一緒に家出するように持ちかける。
姉は少年を抱きしめた。
涙ながらに抱き合った。
姉は今までよく我慢したと言ってくれた。
「分かった。明日、私と一緒に家を出よう」とも言ってくれた。


次の日の朝、姉の姿はなかった。少年を置いて独りで出て行った。
姉の家出を知った親父は、少年に対してこれまで以上の暴力を振るった。
その日の晩、酔って寝ている親父を置いて
少年は独りで家出した。そのとき、彼は家に火を放った。


少年はヨハネスブルグでストリートチルドレンに
シンナーを売って財を起てた。
その采配が、地元ギャングの目に止まり
油の乗る売春宿の経営を任された。
この街で一番儲かる売春宿にしようと
意気揚々と経営に携わろうと決意した。
しかし、少年を置いて独りで出て行った姉が、そこで働いていた。
・・・という話。

これは未完結のまま終わるが、未だにワシのパソコンに保存されている。
筆を足すことは、もう無い。
遠い過去のままで生き続ける。


考えて見れば、筆と共に歩んできたこれまでの人生。
筆で飯食って行こうと本気で考えたときもあった。
齢を重ねるにつれて、夢への妥協も重なる。

しかし…。
今の夢は大学教授。いい論文を沢山書いて
筆で飯食って、家族を養っていく。
石の上にも三年。意思が発つのも三年。


これからも日々、精進と研鑽。
自分というものを操作するのは
明日見る暁のために。
ここで自らの回顧終わる。
脳裏の雨は鳴り止まないが。


以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-06 22:16 | 日記

今日は卒業進級展の発表会

今日は職場近くの会場で
学生の卒業進級展の発表会でした。



一つのことを達成しようと
心を一つにして頑張る学生たち。
かっこよかったなぁ。
夢持ってる人ってかっこいい。
手放しに応援したくなる。


最優秀賞は大ちゃんがずっと指導をしていた
グループだった。良かったね!
寝る間を惜しんで、パワーポイントの修正してて
学生から「そんなんせんでよ!」って普通に言われてて
本当にかわいそうだった。


でも、そのグループが最優秀賞を獲ってから
ワシは大ちゃんに「大ちゃんが頑張ったからよ」と言ったら
「お前の指摘もあったからよ。」と言ってくれた。
イヤイヤ、あんたの尽力の賜物だよ。


でも、ワシ嬉しい。
またひとつ大ちゃんのキャリアになるから。
そしてハリアー。明日はゆっくり休んで
女と温泉にでも行ってちょうだい!


最近、大ちゃんのことばかり
BLOGに書いてるから、怪しいワシやなぁ。
以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-05 22:16 | 日記

大ちゃん、おめでとう!

遂に、本当に遂に…。
大ちゃんの新車がキター!!



ハリアー!白!
大ちゃん、おめでとう!
快心のピースで写真写ってるね!


ワシ、嬉しい。
また一つ大ちゃんのキャリアが増えたね。
この車を運転して、宮崎キャンプ行こうよ。
ソフトバンクホークス応援しようよ。
年間シート買う勢い。マヂで買おうかな。
なぁ、丸井!


吉武さん、和田さん、新垣さん!
松中さん、城島さん、川崎さん!
我らのために、ペナントレース争って!
応援に行くからさ。妄想しながら。


もう、本当にプロ野球とJリーグが
楽しみで楽しみで楽しみです。
仕事のストレスを吹っ飛ばすぞー。


もす!(からくりTVのボビー風に)
以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-04 22:14 | 日記

着うた!

携帯(DOCOMO)用の着うた完成した!
自分で作れるようになった!
スゴイ!パソコンってすごい!

リクエストある方はいつでもどうぞ。
因みに今のワシの着うたは
コブクロの「Million Films」
以上。
[PR]
by mikan_bivattchee | 2005-02-01 22:14 | 日記